インプラント・一般歯科・口腔外科    太田歯科医院  
    





 
     



治療について











    虫歯治療   
       
     しみる、ずきずきする、噛んだら痛い。
むし歯は早く見つけるほど歯を削る量が少なくて済みます。

ごく小さいむし歯は歯と同色のプラスチック(=レジン。光で反応させて固めます)を詰めて治します。

少し大きいむし歯は、むし歯を取り除いた後歯型の型をとってぴったり合った銀歯を作ります。

大きいむし歯、痛みがあるむし歯は、歯の中にある神経をとります(根管治療といいます)。数回治療に要します。

むし歯が大きくて歯を抜かなければいけない場合、抜歯してブリッジか入れ歯かインプラントで噛めるように治します。

   

       

     歯周病 (歯周炎)                              
       
     「30歳を過ぎたら80%の人が歯周病」

歯周病は、歯周病菌が感染して歯ぐきと顎(あご)の骨に起こる病気です。
歯自体がむし歯ではなくても、歯を支える歯ぐきや顎の骨が弱っていると歯はダメになってしまいます。

誰でも歯周病の原因菌は持っていて、歯周病になる可能性があります。
歯周病のイメージといえば、「歯ぐきが腫れる」、「歯ぐきから血や膿みがでる」、「歯がぐらぐらになる」、「口が臭い」、などでしょうか。

ですが、実は歯周病はほとんど症状がないうちに進行していきます。
これらの自覚症状が出てくるときには、かなり進んでいるかもしれません。
歯周病が進行すると、やがて歯が抜けおちてしまいます。

毎日の歯磨き習慣とともに、歯科医院で歯周病の状態を定期的にチェックして歯周病の治療を受けましょう。
一度歯周病を発症すると、歯がある限り歯周病とは一生のお付き合いになります。

当院では「
歯周ケア」という、その方のお口の状態に合わせた定期的な口腔内の検診とむし歯チェック、徹底的なプロフェッショナルクリーニングをお勧めしています。
 
歯周病は生活習慣病の一つ、と言われます。

歯周病はきちんと歯みがきができていないこと・歯石がたまっていることが原因ですが、他にも歯周病の進行には、食生活や喫煙、全身の病気など様々な要因が深く関係しています。



   
     
       

    入れ歯 (義歯)
     
     「入れ歯」は、歯がなくなったところに ‘硬質プラスチックでできた人工の歯’ を入れて噛めるようにする装置です。

部分入れ歯(自分の歯が残っている場合)と総入れ歯(歯がない場合)があります。

ピンクの歯ぐき色のプラスチックの土台の部分と、白いプラスチックの人工の歯でできていています。

部分入れ歯では、入れ歯が外れないよう歯に止める金属のばねがついています。
取り外し式です。(保険適用)


〜 ノンクラスプデンチャー (金属のばねのない、入れ歯) 〜

入れ歯の金属のばねが見えるのがいやという方、欠損している歯の数が少ない方にむいています。
ばねの部分が金属ではなく、歯や歯ぐきになじむピンク色のプラスチックの材質でできていて、他の人に気づかれません。
(保険適応外)


〜 金属床義歯 〜

入れ歯の一部(見えない顎の部分)を金属で作ります。
○ メリット
 ・ いればを非常に薄く作ることができるので違和感が少ないこと。
 ・ 大変丈夫であること。
 ・ 通常のプラスチックの入れ歯より温度が伝わりやすいので、食べ物がおいしく
  感じられること。
 ・ 舌で触った感じが自然に近い

通常のコバルトクロム製の金属義歯のほかに、さらに軽く体になじみやすいチタン製のものもあります。
(保険適応外)